PageTop
前へリンクなし001/001次へリンクなし

Tag Archives: movie

  • FICC inc. 村松さん

    03

    お仕事

    村松さんはFICC inc.の京都オフィスにおいてリーダーを務められるシニアプロデューサーです。

    FICC inc.は業界の方ならご存知と思いますが
    プランニングから制作までをワンストップで行うデジタルマーケティング企業です。
    (2月3日で10周年だそうで・・・おめでとうございます!)

    村松さんはとても穏やかな雰囲気で安心感のある方です。
    この日初対面の私も、すぐになついてしまうような温かさでした。

    今日のランチ

    ランチは木屋町高辻の大傳月軒(だいでんげっけん)にいってきました。

    建物は歴史のある雰囲気ですが席は落ち着いた空間になっていて、
    絶妙な心地よさでした!

    メニューは村松さんのおすすめ、四川マーボー豆腐の定食をいただきました。

    04

    まずは肉まんが出てきます。生地にも味がしっかりとついていて、
    軽くイケてしまいます。こういうのは手掴みのほうがおいしいですよね。

    そしてマーボー豆腐登場!私の知っているマーボー豆腐とは見た目からして違ったようです。これはもはやマグマ。

    味も見た目通り、本当に辛かった。
    村松さんは何度も来られているので慣れていらっしゃるのか普通に召し上がっていましたが
    私この1食を食べるのに相当むせました。すみません。
    でも辛さの中には立体感があり、さわやかさ(おそらく山椒?)⇒辛さ⇒コクと順番にやってくるこの味は
    やみつきになること間違いなしです。

    ランチの定食には他にもごはん、スープ、漬物、小菜がついてくるのでバランスもばっちり!

    ぜひ一度ご賞味あれ。

    村松さんのおすすめ

    1つめはBob Marleyの「redemption song」です。
    映画「I am legend」のエンディングにも使用された曲らしいですね。
    ちなみに「I am legend」には他にもBob Marleyの曲がいろんな場面に使われているみたいです。

    もう1つは「hulu」です。
    映画もドラマも定額見放題で楽しくて睡眠時間が削られるので注意です。
    何を隠そう、私も村松さんのおすすめで入会してしまい毎晩眠れません・・・!

    お知らせ

    FICC inc.京都オフィスでは今アルバイトさんを募集されています。
    デザインが好きで、学ぶ姿勢のある方は学生・未経験でも歓迎だそうです!
    気になった方はこちらから応募できますよ。

    Related posts:
    TAG:
    ,
  • 株式会社ZIZO 川口さん

    株式会社ZIZOの川口さんは、
    株式会社インフォバーン 井登さんからのご紹介です。

    お仕事

    川口さんは、
    WebサイトやWebサービスの企画、設計、制作をされています。
    名刺に「ワクワクする事をひとつでも多く!」とあるように、
    鼻毛通知代理サービス「チョロリ」など、
    ワクワクするものを開発されています。
    笑顔がすてきな川口さん、面白い話たくさんありがとうございました!

    ウェブサイトもいいですねぇ〜
    「株式会社ZIZOのウェブサイト」

    今日のランチ

    またやっちゃいました。
    ランチの写真撮り忘れ・・・いやー話に夢中で忘れるんですわ。
    大阪の肥後橋にあるイタリアンレストランの「TRATTORIA LAMPIA」
    でランチいただきました!
    もちろん美味しかったですよ。

    ここです!

    ランチの写真はないですが・・・満足した後の写真です。

    川口さんのおすすめ

    久しぶりにきました。
    映画です!

    スパイク・リー大先生の「Do the Right Thing」です!
    きたっすねー
    ラッパーの僕も大好きです。

    夏に必ず観る映画だそうです。
    ストーリーが好きで、
    軽いタッチなのに内容は重い感じがよいという事です。
    ニューヨークのブルックリンが舞台で人種差別がテーマです。
    すごく良い映画なので、
    ラッパーじゃない人にもおすすめですよ!

    そのサウンドトラックから
    名曲のPUBLIC ENEMY 「FIGHT THE POWER」を
    お届けしながらのお別れです。

    Related posts:
    TAG:
  • 株式会社電通レイザーフィッシュ 長橋さん

    お仕事

    株式会社電通レイザーフィッシュの長橋さんは、
    クリエイティブのプランナー/ディレクターをされています。

    「電通レイザーフィッシュのウェブサイト」

    長橋さんのおすすめ

    映画です!
    きました!恒例の映画セレクト。
    この作品です。

    Fight club/Ocean’s Eleven/cowboy bebop/Back to the Future

    名作っ!名作っ!
    よい映画ばかりです。

    Fight Clubのサントラは僕の好きなプロデューサー
    「The Dust Brothers」が手がけています!
    有名どころではthe Beastie Boysの作品もダストさんですね。

    ダストの二人です。
    ただのオサーンなんですが、
    すごい音に仕上げます。
    最高!

    Related posts:
    TAG:
  • 株式会社インフォバーン 井登さん

    お仕事

    株式会社インフォバーンは、
    Web上のメディア戦略のプランニングから構築・運用まで支援し、
    お客様のビジネスを成功に導くお手伝いをしている会社です。
    井登さんは、京都支社で支社長をされています!

    「株式会社インフォバーンのウェブサイト」

    FLAKWORKS事務所から、少し北に上がった御池通に面したビルに事務所を構え、
    ちょうどこの日はお引っ越し(同じビルの同じフロアの向かいの広い部屋に)をされていました。
    内装も仕上がっていて素敵な事務所になっておりました。(写真ないです・・・取り損ねました。)
    そんなお忙しい中、ランチありがとうございました!
    井登さんは、ウェブマーケティングのアイデアの引き出しを多く持ち、知識も豊富です。
    色々と勉強になるお話が聞けました。
    写真でもわかるように、笑顔がすてきな優しい方でした。
    ご近所なんで、またランチいきましょう!

    井登さんのおすすめ

    映画「ゴットファーザー(The Godfather)」!!!!!!!
    ゴットファーザー至上主義とおっしゃるほどお好きなようです。

    お恥ずかしいのですが、
    こんなに有名な作品を僕は観た事がありません。
    「知ってますっ!」みたいな反応してすいません、井登さん。
    マフィアの映画としか知識がないです・・・
    観ます。

    ですがっ!!!
    フランシス・フォード・コッポラが音楽に起用したかったエンニオ・モリコーネ
    はよく知っています!ニーノ・ロータも。
    映画音楽の作曲家として有名ですね。
    最高です。

    「アンタッチャブル」のサントラも彼ですね。
    コッポラが起用したかったのわかります。
    同じタイトル「愛のテーマ」というエンニオ・モリコーネの作曲もあるそうですね。

    それでは、ゴッドファーザー「愛のテーマ」でお別れしましょう。
    さようなら〜

    これはウェルカムトゥジャングル・バージョンです。

    Related posts:
    TAG:
  • シナジーマーケティング株式会社 今橋さん

    お仕事

    シナジーマーケティング株式会社は、CRM戦略をベースにした
    トータルコミュニケーション設計をされている会社です。
    今橋さんは、そのコミュニケーッション根幹を企画、設計するプロデューサーをされています。

    「シナジーマーケティング株式会社の ウェブサイト」

    とても真面目な方で、色々と勉強になるお話ができました。
    話は尽きる事がなかったのですがランチタイムという限られた時間でしたので、
    また、次の機会にゆっくりとお話しましょう!

    今橋さんのおすすめ

    神社という面白いおすすめをいただきました。
    ホーム神社は京都の伏見稲荷大社でよく参拝にこられるそうです。
    後、伊勢神宮はあまりにも”神々しい”ので気をつけてください!というアドバイスいただきました。
    FLAKWORKSがある京都は寺院も多く、また観光地なので。
    皆さん遊びにこられた際には弊社にもお立ち寄りください。

    大好きなスカバンドの「STREETLIGHT MANIFESTO」もおすすめいただきました。
    音もいいのですが、PVもいいですね。

    さらに、映画もおすすめをいただきました。
    デヴィッド・フィンチャー監督が好きで、この監督の映画は全て観られているようです。
    その作品から「セブン」です。
    いいですよね、この映画はラストシーンが強烈です。
    居ても立ってもいられない!もうっ!
    僕からもおすすめです。
    フィンチャーはデビュー作がエイリアン3なんですね。
    エイリアン好きです。
    プレデターも。

     

     

     


    Related posts:
    TAG:
    , ,
  • 株式会社アジケ 筒井さん

    お仕事

    筒井さんは大阪でプログラムのお仕事をされています。
    ウェブサイトのWordPress構築、flashの実装を得意とされています。

    「株式会社アジケの ウェブサイト」

    筒井さんのおすすめ

    ”恋の罪”(Guilty of Romance)という邦画です。
    園子温監督によるサスペンス映画です。
    僕はまだ観てなく情報が全くない事を前提に書きますね。
    単純にタイトル「恋の罪」から想像する世界観は、
    おそらく80年代のインディーズロックシーンでムーブメントが起こったビジュアル系バンドBUCK-TICKを思い出します。
    というのも、ポストパンクやらゴシックロックなどの音をビジュアル化した表現が
    この「恋の罪」にも少なからず影響があるとしか思えないのです。

    この映画タイトル”恋の罪”
    BUCK-TICKの名曲に「悪の華」があります。
    監督のその他作品に「自殺サークル」、BUCK-TICKのタイトルに「殺シノ調べ」
    監督のその他作品に「愛のむきだし」、BUCK-TICKの名曲に「極東より愛を込めて」
    監督のその他作品に「性戯の達人 女体壺さぐり」、BUCK-TICKの名曲に「見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ」

    間違いないですね。
    決定づけるのが下記の写真です。

    「恋の罪」のワンシーン

    「BUCK-TICK」のボーカル桜井さん

    Related posts:
    TAG:
  • NSSGRAPHICA 町田さん

    お仕事

    町田さんは京都でデザインスタジオをされています。
    アートディレクション全般、特にウェブとフォトグラフをメインでお仕事されています。
    「NSSGRAPHICA ウェブサイト」

    やわらかい口調が町田さんのあたたかい人柄をあらわしていました。
    音楽がとても好きで、昔はバンドをされていてベースを担当されていたようです。
    僕も前職が音響業界だった事と、ちょうど10代の頃はバンドブームでしたのでトーク盛り上がりました。

    町田さんのおすすめ

    お気に入りのバンドと映画でした。

    もう解散してしまったようですが「jejune」という90年代のエモバンドです。
    エモというジャンルはハードコアを起源に1990年代から登場した音楽のようですね。
    いわゆるポストロックと言われる音楽なんでしょうか?
    女性ボーカルのエモはめずらしいみたいで、ギターも歪んでグランジ風なのですが、やさしいボーカルがいいアクセントになっています。

    もうひとつは、「あの頃ペニー・レインと」(原題:Almost famous)という映画です。
    実際に15歳で『ローリング・ストーン』誌の記者になった、
    (15歳でローリング・ストーン誌の記者とかすごっ!)
    監督のキャメロン・クロウの体験が作品になったものです。
    音楽映画としては評価が高いようです。僕知りませんでした・・・近いうちに観ます!

    Related posts:
    TAG:
    ,
前へリンクなし001/001次へリンクなし

PAGE TOP