PageTop
前へリンクなし001/001次へリンクなし

Monthly Archives: November 2013

  • le marque page 遠藤さん

    DSC_0468のコピー

    お仕事

    遠藤さんは烏丸御池近くのアンティークショップ le marque page のオーナーです。

    le marque page のWebサイト

    le marque pageではアンティークの雑貨や食器を取り扱っておられます。
    店名の「le marque page」は遠藤さんが
    お友達につけてもらった名前だそうで、フランス語で「しおり」の意味があります。

    アンティークの雑貨や食器たちが新たなご主人と出会って、新しいストーリーを紡いでいく。
    その出会いをつなぐ「しおり」として存在したい。そんな思いが込められています。

    遠藤さんはおっとりとした癒し系の方で
    でもその中にある強いこだわりとのギャップが魅力的な女性です。

    今日のランチ

    河原町の近くのビストロ・ボンモルソーに行きました。

    路地にひっそりとあらわれる青いテントのあるお店。
    少し暗めの店内に入るとあらゆるところにアンティークのアイテムがぎっしりと飾られています。

    名称未設定 1のコピー

    ランチコースの鶏肉のステーキをいただきました。
    ソースが・・・信じられないくらいおいしかったです。いったい何味なんでしょう。

    デザートはグレープフルーツのブランマンジェ。
    あまくまったりと包み込むミルクとバニラの香りのあと、
    グレープフルーツのさわやかな酸味と口に残るわずかな苦み。
    もうこれは食べていただかないとわかりませんよ。なんて大人な味わいなんでしょう。くぅっ…。

    遠藤さんのおすすめ

    吉祥寺の ZOOTIE というヴィンテージ商品を扱うブティックです。
    オンラインショップもされているようですね。

    扱われているものはロマンチックな感じのものが多いですね。
    遠藤さんは ZOOTIE に行くといつもかなり買い込んでしまうとお話しされていました。
    アウターなんかかなり変わったパターンのものが多くて確かにほしくなっちゃいますね。

    Related posts:
  • 909 宮澤さん

    DSC_0310_bast

    お仕事

    宮澤さんはフリーランスのWebデザイナーをされています。

    宮澤さんのWebサイト「909

    他にもカフェスタッフ、カメラマン、ジャズピアニストなど、幅広く活動されています。
    宮澤さん自身「(活動が多岐に渡りすぎて)職業を聞かれても答えに困ります」とおっしゃっていました。
    もはや「宮澤さん」という職業が出来上がっている感じです。

    噺家さんのようにテンポよくおもしろおかしくお話してくれる方で、
    完全にリードされてしまいました…!

    今日のランチ

    下鴨本通北大路の交差点から少し西、通り沿いにある「さろん淳平」に行ってきました。

    宮澤さんのお母様のカフェで、宮澤さんも時折スタッフとしてお店にいらっしゃるそうです。
    京町家がそのままの感じで、お店の方もあたたかく色々と気遣ってくださって、
    親戚の家にお邪魔したような安心感がありました。
    元々は平成のはじめまでお米屋さんだった建物らしいですよ。

    shop_01

    ランチメニューのピタパンセットをいただきました。
    れんこんと豚肉のきんぴらが挟まれています。

    DSC_0269

    すごくお腹がすいていたので写真を撮る前に少しかじってしまいました…。

    パンはふわふわ、具は味がよくしみてれんこんがさくさくとパーフェクトな組み合わせ。
    切り取られた小さいほうのパンにはジャムがぬってあるので
    最後に少しだけ甘いものが食べたい女子ゴコロをくすぐるニクいコーディネートでした。

    宮澤さんのおすすめ

    ずばり「カメラ」です。
    カメラを持ち始めてからモノの見方が変わったり、今まで見えなかったものが見えてきたそうです。
    ランチの際にもカメラをお持ちになっていて、もはや相棒のようでした。
    ちなみにお持ちのカメラはNikon D7000

    最後にカメラを構える宮澤さん。

    DSC_0336

    お知らせ

    さろん淳平の2F展示スペースで
    「岩崎祐司の笑刻展 partII」が開催されています。

    img042

    ダジャレを彫刻に表現した作品の数々が展示されています。
    開催期間は12月15日(日)までだそうですのでみなさんもぜひ。

    Related posts:
    TAG:
前へリンクなし001/001次へリンクなし

PAGE TOP